「KING 小型三脚」が優秀すぎる!軽量コンパクトだから旅先で大活躍

アマゾン限定 king トライアングル 小型三脚

外出先で安定した写真を撮りたいなら「小型三脚」は必須アイテムとなります。

折り畳み傘程度の大きさなので、カバンに忍ばせて持ち歩けば、撮影がますます捗ること間違いなし!

カメラ用三脚の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

king トライアングル 小型三脚

king トライアングル 8段三脚の全長と収納袋

全長25.5cm(画像の折りたたんだ状態)

ネイビーの収納ケースが付属します。

スペック

材質アルミニウム
カラーブラック、シルバー
ヘッドタイプパンハンドル付き雲台
伸長101cm
縮長25.5cm
重量420g
付属品収納ケース

詳細

king トライアングル 8段三脚の箱

こちらは「Amazon限定」で販売されている三脚になります。

king トライアングル 8段三脚の脚

石突(地面に接するパーツ)は樹脂製です。

king トライアングル 8段三脚の実測重量

実測重量は427gありました。

king トライアングル 8段三脚の最低高

最低高は24.3cmです。

パンハンドルを回すことで雲台の角度を調整することができます。

雲台の固定力は?

試しに約1kgのミラレースカメラを固定してみました。

king トライアングル 8段三脚にミラーレスカメラを固定する

ミラーレスに重いレンズを付けると不安定になるので、この状態では一時的な利用が限界だと思います。

なのでコンデジやスマホ、軽めのレンズを付けたミラーレスで使用するのに向いている三脚となります。

ロックのやり方

king トライアングル 8段三脚の脚を固定する方法

脚を引き伸ばしたら、2段目の脚を右に回して「カチッ」という音がしたところで止めると脚がロックされます。

脚の縮め方

king トライアングル 8段三脚の脚を戻す

脚を縮めるときは、2段目のロックを少し回して解除し、あとは一気に脚を押し込むだけでOKです。

全伸高

king トライアングル 8段三脚の最大高

すべての脚を全開にした状態の全伸高は約98cmでした。

脚を狭めれば105cmくらいの高さにすることも可能です。

king トライアングル 8段三脚と男性

成人男性で、おへその上あたりにカメラを構えることができます。

記念撮影や風景撮影など旅行先での撮影なら十分な高さがあります。

雲台の外し方

この三脚はデフォルトの「パンハンドル雲台」を外して、別の雲台に交換することができます。

king トライアングル 8段三脚の雲台を外す

雲台をパンハンドルで固定したら、反時計回りに回すだけで外れます。

king トライアングル 8段三脚の雲台を交換する

こんな風に簡単に外すことができました。

ハクバ 自由雲台と交換する

ハクバの雲台をkingの三脚に取り付ける

デフォルトの雲台の締め付け力が弱いと感じたら、固定力に定評のある『ハクバ 自由雲台 bh-1』がおすすめです。

kingの三脚とハクバの雲台を使用してミラーレスカメラを固定

このハクバの自由雲台なら、1kgのカメラでも余裕で固定することができます。

関連記事:初めての自由雲台はハクバがおすすめ!軽い力でガッチリ固定

kingの三脚とハクバの雲台の組み合わせ

パンハンドルの雲台と比べて、最低高が約2cmほど高くなります。

kingの三脚とハクバの雲台の実測重量

デフォルトの雲台は427gだったので重量はほぼ同じ。

ハクバの雲台の先を曲げる

収納ケースにしまうときは、先をこのように曲げれば入ります。

ハクバの雲台を付けたままkingの収納袋に入れる

ギリギリですが収めることができました。

まとめ

  • 軽量でコンパクト
  • 携帯性が高い
  • 脚の伸縮が簡単
  • 雲台を交換できる
  • 収納ケース付き

この手の三脚は色々なメーカーのものがありますが、kingの三脚が一番作りがしっかりしています。

カバンに楽に入るサイズなので持ち歩きに便利。

約24cm~100cmほど脚が伸びるので撮影場所を選ばず手軽に撮影することができます。

スマホやコンデジ、軽量なミラーレスカメラを積むには十分な三脚です。

タイトルとURLをコピーしました