【開催中】Amazon 毎日お得なタイムセール
PR

TWRPをインストールする方法と基本的な使い方

TWRPをスマホにインストールする方法

TWRP(Team Win Recovery Project)のインストール方法を紹介します。

TWRPを導入することで、カスタムROMをインストールしたり、端末のバックアップや復元ができるようになります。

スポンサーリンク

adbコマンドを使えるようにする

スマホに「TWRP」を導入するには、Windowsで「adbコマンド」を使えるようにしておく必要があります。

adbコマンドを導入する方法はこちら

「adbコマンド」が使えるようになったら以下の手順に進んでください。

TWRPをダウンロードする

まずは、上のリンクにアクセスして、最新の「TWRP」を入手します。

TWRPのダウンロードページで自分の機種を検索する

検索バーに端末名を入力すればすぐに見つかります。

TWRPのダウンロードリンクの場所

端末名をクリックしてページに飛んだら「Download Links:」という項目を見つけてください。

Primary(Americas)、Primary(Europe)は、サーバーの置いてある場所なので、好きなリンクからダウンロードして大丈夫。

imgファイルをリネームする

TWRP.imgをリネームする

例)twrp-3.5.1_9-0-gemini.img → recovery.img

ダウンロードしたimgファイルの名前を「recovery.img」に変更します。

Cドライブ直下に移動する

TWRP.imgをCドライブ直下に移動する

リネームした「recovery.img」をCドライブ直下に移動します。

FASTBOOTモードを起動する

すべての準備が整ったので、いよいよ「TWRP」をインストールしていきます。

はじめる前にパソコンとスマホをUSBケーブルで接続してください。

「開発者向けオプション」の「USBデバック」をONにしておかないと、パソコンがスマホを認識しないので注意。

Power Shellを起動する

コマンドを入力するには「PowerShell」を起動させる必要があります。

lineageos18.1をインストールするためtrpw.imgファイルをCドライブ直下に置く

「recovery.img」のあるフォルダ内で「Shiftキー」を押しながら右クリック。

「PowerShell ウィンドウをここで開く」を選択すると「Power Shell」が起動します。

コマンドでFASTBOOTモードを起動する

FASTBOOTモードをコマンドプロンプトから起動する

「PowerShell」が起動したら、以下のコマンドを入力してエンターを押します。

adb reboot bootloader

少し間をおいてから「FASTBOOTモード」が起動します。

xiaomiスマホのfastbbot画面

端末によって表示は異なりますが、このような画面が出たら成功です。

※スマホの[音量下ボタン+電源ボタン]を長押ししても「FASTBOOTモード」を起動させることができます。

TWRPをインストールする

adbコマンドを入力してTWRPをインストールする

スマホを「FASTBOOTモード」にしたまま「PowerShell」に以下のコードを入力し、エンターを押します。

fastboot flash recovery recovery.img

これで「TWRP」のインストールが終了。

続けて

fastboot boot recovery.img

と入力すると少し間をおいてから「TWRP」が起動します。

TWRPの使い方

基本的なメニューの説明と操作方法を紹介します。

TWRPの起動方法

TWRPの起動方法

次回以降「TWRP」を起動するには、電源を切った状態で[音量上ボタン+電源ボタン]を長押しすればOK。

基本操作

TWRPの基本操作

ナビゲーションバーの左が1つ前に戻るボタン、真ん中がホームボタン(メニュー画面に戻る)、右が作業ログ画面を表示させます。

初回起動時にチェックを入れる

TWRPの初回起動時に「Never show this screen during boot again」をチェック

初回起動時にこの画面を再び表示させたくない場合は、「Never show this screen during boot again」にチェックを入れて、水色の矢印を右へスワイプします。

メニュー画面の説明

こちらの「メニュー画面」で様々な操作を行います。

TWRPのメニュー画面

Install カスタムROMなど各種zipファイルのインストールを行います。
Wipe 端末を初期化します。
Backup 端末のバックアップをとることができます。
Restore バックアップしたデータを復元します。
Mount 読み取り/書き込み可能なパーティションを選択することができます。
Settings TWRPの設定ができます。時刻設定、画面の明るさ、言語設定など
Advanced 上級者向けの設定を行います。
Reboot さまざまなモードで再起動することができます。

日本語化する

メニュー画面の「Settings」タップします。

TWRPを日本語化する

一番右にある「世界アイコン」をタップすると言語選択画面になります。

「Japanese」を選んで「Set Language」をタップしたら日本語化完了です。

ディスプレを常時点灯にする

デフォルトでは60秒間何もしないとディスプレイが消灯します。

バックアップ中などにディスプレイが消灯すると、作業が中断されて面倒なので「常時点灯」になるように設定しておきましょう。

TWRPの設定でディスプレイを常時点灯させる

メニュー画面の「Settings」をタップして、中央の「スクリーンアイコン」を選択します。

「Enable screen timeout」のチェックを外すとディスプレイが常時点灯になります。

Androidを起動させる

TWRPでAndroidOSを起動させる

  • System → Androidを起動する
  • Power OFF → スマホの電源を切る
  • Recovery → TWRPを再起動する
  • Bootloader → FastBootモードを起動する

「TWRP」を終了して、Androidを起動させたい場合は「Reboot」→「System」をタップしてください。

関連記事:TWRPを最新バージョンに更新する方法