XBOX ワイヤレスコントローラーの分解手順。トリガーの戻りが悪いときの対処法

XBOXワイヤレスコントローラーの分解修理する方法

『XBOX ONE ワイヤレスコントローラー』の分解手順を紹介!

長期間コントローラーを使っていたため、「RT・LTボタン」から異音がして、ボタンの戻りが遅くなってしまいました。

先に原因から言うと、これはボタンが当たるところにあるゴムが劣化したせいです。なので、このゴムさえ何とかしてしまえば、まだまだ使うことが可能です。

PC用ゲームパッドの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

分解に使用したアイテム

XBOXワイヤレスコントローラーの分解に使った工具

わたしはAmazonに売っていた『XBOX コントローラー 分解キット』を購入しました。

必要な工具の他に、数種類のヘラ、ブラシ、ピンセットが付いてくるので何かと役立ちます。

ネジは「穴あきT8トルクス」で外す

XBOX ワイヤレスコントローラーの分解には穴あきT8トルクスを使う

分解に必要な工具は、「ヘラ」と「穴あき T8トルクス」の2点です。

普通のトルクスではなく、“穴あき”なので間違えないように。

穴あきのT8なら「トルクスドライバー」でも「トルクスレンチ」でも大丈夫です。

クリーニング用品があると便利

XBOXワイヤレスコントローラーのクリーニングに使った道具

内部の掃除は、基盤などがあるので『無水エタノール』を使います。

また、布より『キムワイプ』で拭くとホコリが付かないのでおすすめです。

XBOXワイヤレスコントローラーの分解手順

必要な工具と、手順さえ覚えてしまえば簡単に分解できます。

グリップカバーを外す

はじめに左右のグリップカバーから外します。

XBOX ワイヤレスコントローラーのグリップカバーを外す

グリップカバーの上部にヘラを1本差し込んで隙間を作ったら、もう1本のヘラで少しずつずらしながら開けていきます。

XBOX ワイヤレスコントローラーのグリップカバーを外すコツ

グリップの先端までいくと、自然とカバーが外れるはず。

XBOX ワイヤレスコントローラーのグリップカバーを外した状態

もう片方のグリップカバーも同様に外します。

ステッカーを剥がす

XBOX ワイヤレスコントローラー 内側のシールをドライヤーで温めて剥がす

ネジの1つがステッカーの裏側に隠れているため、剥がす必要があります。

ドライヤーでステッカーを温めたら、ピンセットなどを使って、矢印のあたりから剥がしてください。

XBOX ワイヤレスコントローラー 内側のシールを剥がした状態

ネジが見えるところまでめくればOKです。

5つのネジを外す

XBOX ワイヤレスコントローラーの分解 ネジの場所

「穴あきT8トルクスドライバー」を使って、5つのネジを外します。

XBOX ワイヤレスコントローラーのトルクスネジを外す

ナメないように、しっかりドライバーの先端を当てて回しましょう。

カバーを外す

XBOX ワイヤレスコントローラーの前カバーを外した状態

カバーはネジでとめてあるだけなので、持ち上げれば簡単に外れます。

XBOX ワイヤレスコントローラーの後ろカバーを外した状態

裏側のカバーも本体を持ち上げるだけで外れます。

XBOX ワイヤレスコントローラー 内部の汚れを掃除する

内部にホコリや手垢が入り込んでいるので、ブラシや綿棒を使って、しっかり掃除しておきます。

XBOX ワイヤレスコントローラーの裏側

ちなみに、裏側はこのようになっています。

RT・LTボタンの戻りが遅い、異音がする原因は?

原因はゴムパッドの劣化です。

ボタンの底部にあるゴム

XBOX ワイヤレスコントローラーRT、LTボタンにあるゴム

「RT・LTボタン」の戻りが遅い、異音がする原因は、画像のところのゴムが劣化してベタベタになっているせいです。

XBOX ワイヤレスコントローラー RT,LTボタンのゴムが劣化

このベタベタになったゴムにボタンが当たることで、戻りが遅くなっています。

側面にあるゴム

XBOX ワイヤレスコントローラーRT、LTボタンにあるゴム

もう1つ、側面にもゴムがあって、これも不調の原因になります。

XBOX ワイヤレスコントローラー RT・LTボタンが戻るときに当たる場所

この側面のゴムは、ボタンが戻るとき、矢印の部分に当たります。

ここにくっつくせいで、ボタンを押すたびに異音がするわけです。

念のため矢印の部分を綿棒で掃除しておきましょう。

マスキングテープで対策する

mtのマスキングテープ ブラック

ゴムを外して使ってもいいですが、そうすると今度はカチカチ音が鳴りそうなので、わたしは劣化したゴムの上から「マスキングテープ」を貼って簡易的に修理しました。

マスキングテープの種類は「紙タイプ」。100均にも売っています。わたしはmt エムティーのやつを使いました。

XBOX ワイヤレスコントローラーのRT, LTボタンにマスキングテープを貼る

貼る部分を「無水エタノール」で脱脂してから、小さく切った「マスキングテープ」を貼り付けます。

裏面まで包み込むように貼ると剥がれにくいです。ヘラなどを使ってしっかりおさえつけます。

XBOX ワイヤレスコントローラーRT、LTのゴムにマスキングテープを貼る

側面のゴムにも「マスキングテープ」を貼り付けます。

修理方法はいろいろあると思います。ホームセンターで買った薄いゴム板を小さく切って、両面テープで貼り直すのもいいでしょう。

カバーに戻す

RT・LTボタンを半押ししながらXBOX ワイヤレスコントローラーをカバーに戻す

本体をカバーに戻すときは、必ずRT・LTボタンを半押ししながらカバーに戻してください。

こうしないと、せっかく貼ったテープが樹脂部分にあたって剥がれてしまうからです。

分解したXBOX ワイヤレスコントローラーをカバーに戻す

それからバッテリーのバネの位置に注意。バネがケースの内側に入っていると本体が入りません。

分解したXBOX ワイヤレスコントローラー ボタンの動作チェック

ネジを締める前に、ボタンの異音がおさまったか確認します。

XBOX ワイヤレスコントローラー グリップカバーのツメにグリスを塗る

グリップカバーを戻すときは、7箇所の爪にグリスを薄く塗っておくと、次回外すとき簡単に外せるようになります(グリスは自転車用など何でもOK)。

XBOX ワイヤレスコントローラーの分解修理完了

これでXBOXワイヤレスコントローラーの分解修理は完了です。おつかれさまでした。

まとめ

  • 専用の分解キットを買うと楽
  • 穴あきT8トルクスで分解する
  • 不調の原因はゴムの劣化
  • マスキングテープで簡易的に修理
  • ステッカーはドライヤーで温める
  • カバーを戻すとき注意する
  • 爪にグリスを塗ると次回外しやすい

劣化してベタベタになったゴムにマスキングテープを貼ったら、異音も出ないし、ボタンの戻りも良くなっていい感じです。

分解キットが約1,000円、マスキングテープは100円台で購入できます。

新品のコントローラーを買うよりもだいぶ安く済みました。

現行よりも古いタイプのコントローラーですが、これからまだまだ使えそうです。

タイトルとURLをコピーしました