ダイソン掃除機の互換フィルターって買っても大丈夫?

ダイソンの互換フィルター

ダイソン V7用のフィルターを互換品に交換してみました。

結論から言うと「純正品」と比較しても遜色ないレベルの商品でした。

しかし、純正品のように「微細な粒子を閉じこめることができるか?」というと少し疑問が残ります。

掃除機用フィルタの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

互換フィルターを購入

dyson V7の互換フィルター

購入してから2年目のV7ですが、フィルターがヘタってきて「異臭」もするので交換することに。

安かった「互換品のフィルター」に交換したところ、吸引力が買った時と同じくらいに復活しました。

「通常モード」と「強力モード」どちらも元気に動いています。

純正品と比較

dyson v7 純正品と互換品のフィルターを比較

形や大きさは全く同じ。

とくに気になる匂いもありません。

ピッタリはまる

ダイソン 互換品のフィルターで大丈夫?

「純正品」ではないので不安でしたが、ちゃんとカチッとはまってくれました。浮いたりすることもありません。

純正品と遜色ないレベル

dyson v7 純正と互換フィルターの違い

実際に使ってみた限りでは「純正品」と遜色ありません。

異臭もなくなり、吸引力も戻りました。

正直もっと早く交換すれば良かったです。

フィルターの性能は?

dyson v7 純正と互換フィルターの性能

純正フィルターは「0.3ミクロンの粒子まで99.97%除去」することができます。

しかし、互換フィルターの性能は素人目ではわかりません。

正直、微粒子までちゃんとカットできているのか疑問が残ります。

キレイな排気で安心して使いたいなら、やはり「純正品」を使うのが一番でしょう

使い分けるのもあり

「互換フィルター」は安いので、シーンによって使い分けるのがおすすめ。

ダイソンで車のマットの砂を掃除する

わたしは1つのフィルターを「車のマット専用」にしました。

「土ぼこり」を吸うと、フィルターに嫌なニオイが移りますが、使い分ければ長持ちさせることができます。

まとめ

  • 純正品と遜色なく使える
  • フィルターの性能は疑問が残る
  • 安心をとるなら純正品
  • 安いから使い分けできる

純正品ではないので、心配はありましたが、なんの支障もなく使用できています。

フィルターは消耗品と割り切って、1年くらい使ったら買い換えることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました