【画像で解説】ホンダ スマートキーの電池交換

ホンダ スマートキーの電池交換方法

今回は、ホンダのスマートキーの電池交換方法を紹介します。

このスマートキーの電池寿命は、だいたい2年~で寿命となることが多いので、2年使ったら、残りの電池残量に関わらず、交換することをおすすめします。

乾電池の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

新しい電池を用意する

HONDA フィット スマートキーの電池交換

今回は、こちらのスマートキーの電池を交換していきます。

フィット、フリード、ヴェゼルなどで使用されているタイプです。

ホンダ フィット スマートキーの電池はパナソニック製

このスマートキーに元々入っているコイン電池はパナソニック製の「CR2032」です。

「CR2032」は、100円ショップにも売っていますが、「すぐに電池が切れる」など、不良率が高いので個人的にあまりおすすめしません。

トラブルを回避するためにも、ちゃんとしたメーカーの電池を購入するようにしてください。

スマートキーの電池を交換する手順

スマートキーの電池交換は、やり方さえ覚えてしまえば簡単に行うことができます。

内蔵キーを取り出す

ホンダ フィット スマートキーの内蔵キーを抜く

レバーを引きながら、内蔵キーを取り出します。

カバーを取り外す

ホンダ フィット スマートキー カバーの開け方

内側はこのようになっています。

ホンダ フィット スマートキーのカバーを10円玉でこじ開ける

中央にある溝に10円玉を差し込み、矢印の方向にひねります。

ホンダ フィット スマートキーのカバーを開けるときコインに布を当てる

このときカバーに傷が付くのを防ぐため、コインに布などを巻いて保護してください。

ホンダ フィット スマートキーのカバーが開いた状態

はじめてカバーを開けるときは固めになっていますが、溝にしっかりコインを当てて、ひねれば問題なく開きます。

ホンダ フィット スマートキーの内部

カバーの片側が外れたら、あとは手を使ってカバーを外します。

ホンダ フィット スマートキーとコインドライバー

『コインドライバー』を使用すれば、より少ない力で簡単にカバーを開けることができるのでおすすめです。

カバーへのダメージも少ないですし、コインでこじあける製品全般に使用できるので、1本あればいざという時に役立ちます。

新しい電池に交換する

ホンダ フィット スマートキーの電池を取り出す

古い電池を外すときは、矢印のところを持ち上げて外します。

ホンダ フィット スマートキーとパナソニック CR2032

新しい電池「CR2032」を準備します。

ボタン電池をニトリルグローブで取り出す

新しい電池に皮脂が付かないように『ニトリルグローブ』をはめてから作業します。

『ニトリルグローブ』は100円ショップにも売っています。

もし素手で作業する場合は、電池の「面」を触らずに側面を持ってください。

電池の+-面を同時に素手や金属製ピンセットで持つと、電池が使えなくなる原因になります。

ホンダ フィット スマートキーにボタン電池を入れる

プラス(+)を上にし、矢印のところに引っ掛けてから、はめ込みます。

ホンダ フィット スマートキー ボタン電池はプラスが上

画像のようにプラス(+)が上向きになっていればOKです。

カバーを取り付ける

カバーを取り付けるときは、取り外したときと逆の手順で取り付けます。

ホンダ フィット スマートキーの蓋を閉じる

銀色の出っ張りのある方から、①→②の順で閉じます。

ホンダ フィット スマートキーの蓋を閉じる

反対側も③→④の順で閉じます。

最後の④は固めです。

カバーがずれていないか、よく確認したら「パチン」と音がするまで強めに押し込みます。

内蔵キーを戻す

スマートキーの内蔵キーを格納する

カバーを取り付けたら、内蔵キーを戻します。

ホンダ フィット スマートキーの電池交換が完了

これで、電池交換は終了です。

ボタンを操作し、正常に作動するか確認してください。

まとめ

  • 2年を目安に電池交換する
  • 100均の電池はトラブルの元
  • 10円玉でカバーを外す
  • コインに布を当てる
  • 電池の面は素手で触れない

スマートキーの電池交換は、手順さえ覚えてしまえば簡単に行うことができます。

出かけている最中に電池切れを起こしてしまわないよう、早めに電池交換をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました