マキタの電気チェーンソーを使って自宅の庭木を切ってみた!

マキタ 電気チェーンソー M503のレビュー

自宅の庭木を切るために『マキタ 電気チェーンソー M503』を購入しました。

住宅街での使用のため「エンジン式」ではなく、「電気」を選択しましたが、パワーは申し分ありません。

チェーンソーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

マキタ 電気チェーンソー M503

マキタ 電気チェーンソー M503の箱

「リュービ」とどちらにするか悩みましたが、信頼度の高い「マキタ」にしました。

マキタ 電気チェーンソー M503の刃は300mm

様々なサイズの枝を切るので、取り回しが良い300mmタイプを選択。

電動式を選んだ理由

「充電式」はパワーが弱いし、稼働時間も短いので却下。

「エンジン式」は重量があり、音がうるさく近所迷惑になるので却下。

と言うわけで、そこそこのパワーと静粛性のある「電気チェーンソー」を選びました。

軽くて扱いやすい

電源コードこそ邪魔ですが、バッテリー切れの心配がなく、軽量なので長時間の作業にも適しています。

マキタ 電気チェーンソー M503を片手で持つ

  • M503:重量2.2kg、パワー770w
  • MUC3041:重量3.9kg、パワー1430w

ハイパワーの『MUC3041』と迷いましたが、高い木の枝を切るとなると3.9kgの重量がネック。

ためしにホームセンターで持ってみましたが、ずっしり重く、手軽に扱うことが困難だと判断しました。

わたしの買った『M503』は2.2kg、『MUC3041』の約半分の重さなので、楽々持ち上げることができます。

また懸念していたパワー不足ですが、結論から言いうと問題なし。直径20cmほどの枝も難なく切ることができました。

延長コードが必須

マキタ 電気チェーンソー M503の電源コードは2メートル

電源コードは2メートルしかないので「延長コード」が必須となります。

コードリールと電気チェーンソー

ドラムで巻き取ることのできる「コードリール」があると作業が捗ります。

オイルも必要

マキタ 電気チェーンソー M503のオイルキャップ

チェーンソーオイルを入れるタンクの容量は100mlです。

マキタ 電気チェーンソー M503のオイル残表モニター

オイル残量は、ボディ側面の窓で確認することができます。

マキタ 電気チェーンソー M503に付属する100mlオイル

100mlのオイルが付属しますが、すぐに無くなってしまうので買い足しておく必要があります。

BOLL チェーンソーオイル 1リットル

使用頻度に合わせてオイルの量を選んでください。

家庭で使うならとりあえず1リットルもあれば十分かと思います。

六角レンチが付属する

「六角レンチ」は本体に収納されています。

マキタ 電気チェーンソー M503の六角レンチ入れ

付属品をさがさないで、グリップの下側を見てください。

マキタ 電気チェーンソー M503、5mmの六角レンチが付属

六角レンチのサイズは5mm。チェーンの張り調整をしたり、チェーン交換時に使用します。

チェーン張りの調整

チェーンの張りセッティングは自分でやらないといけません。

開封直後にいきなり使用しないこと。取説を読まないタイプの方はとくに注意!

マキタ 電気チェーンソー M503のチェーン調整

刃の側面にあるボルトで調整します。

セッティング方法は、取説に書いてあるので心配無用です。

スイッチの入れ方

マキタ 電気チェーンソー M503のスイッチを動作させる方法

スイッチは「ロックオフボタン」を押した状態で「引金」を引くとON、離すとOFFになります。

スイッチの引金を離すと自動的にロックオフ機構が働き、スイッチが入らない状態になります。

松の木を切ってみた

放置して伸び放題になっていた「松の木」の枝を剪定していきます。

手入れをしていない松の木

高いところを切るので脚立に乗って作業しましたが、このチェーンソーは軽いので腕も疲れず、楽々作業を行うことができました。

チェーンソーで切断された松の木の枝

想像以上の切れ味で、あっという間に作業終了!

動作音は掃除機の強くらいの音なので、住宅街での使用も許容範囲。

チェーンソーで切った松の木の断面

直径15~20cm程度の枝も、このチェーンソーで切れば1分もかかりません。

はじめは慣れていないせいか少し暴れましたが、力の加減が分かってきたらスムーズに枝を切ることができ、作業もはかどりました。

チェーンソーで切った松の太い枝

太い枝もこの通り。パワー不足を懸念していましたが杞憂に終わりました。

電気チェーンソーの使い方

枝を切るときは根元にしっかりと当てて切断しないと、跳ね返りがあるので注意してください。

チェーンソーで切った松の細い枝

5~10cmの枝なんかはサクサク切れます。

お値段9,000円でこれだけ切れたら最高です。

今回の作業で使用したオイルは100mlほど。オイルの補充を忘れるとチェーンが熱くなるので、オイル残量はこまめに確認するようにしてください。

掃除してから保管する

マキタ 電気チェーンソー M503の保護カバー

このボルトを外すとカバーが外れて、チェーンの交換等をすることができます。

マキタ 電気チェーンソー M503の内部

作業後なので木クズが溜まっています。

清掃とチェーンに注油をしたら、本体からオイルを抜いて保管します。

チェーンの替刃

チェーンの切れ味が落ちてきたらチェーンの交換が必要になります。

マキタ 電気チェーンソー M503の刃

M503の場合は『91PX-46E A-55647』という型番のものを購入してください。

まとめ

  • 小型軽量
  • 想像以上にパワフル
  • 家庭用として最適な性能
  • 延長コードが必要

素人が自宅の不要な木々の切断をするくらいならパワーも十分。

チェーンオイルを入れて電源をつなぐだけで、すぐ作業に取り掛かれます。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
パシャログ
タイトルとURLをコピーしました