【Windows11】スリープしても即座に復帰してしまう場合の対処法

Windows11 スリープしても即座に復帰してしまう場合の対処法

スリープをしてもすぐに復帰してしまう場合は、「ネットワークアダプター」からのスリープ解除を停止することで、正常にスリープできるかもしれません。

スポンサーリンク

スリープ解除の原因を探る

windows11のスタートボタンを右クリックしてイベントビューアーを開く

まず、「スタートボタン」を右クリックし、「イベントビューアー」を開きます。

windows11のイベントビューアーを開く

左側のメニューから「Windowsログ」→「システム」を選択。

続けて、右側にある「現在のログをフィルター…」をクリックします。

windows11 イベントビューアーのフィルター

「イベントソース」のプルダウンメニューから「Power-Troubleshooter」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

問題のログを見つける

スリープが解除されたときの時間を参考に、ひとつずつログを確認していきます。

windows11 スリープ解除の原因は電源ボタン

スリープから復帰したときのログには、「システムは低電力状態から再開しました。」というメッセージが書かれています。

そのログにある「スリープ状態の解除元」という項目から、スリープ解除の原因を特定できます。

わたしの場合は、「電源ボタン」が原因だったようです。

スリープ状態の解除元が「電源ボタン」の場合

わたしは「電源ボタン」を触っていないし、物理的な操作もしていません。

しかも、スリープが解除されたときの時間を確認すると、1秒も経たずに復帰していることがわかります。

ネットで調べてみると、「電源ボタン」でスリープが解除される原因は、以下の2つのようです。

スリープ解除の原因
  1. ネットワークアダプター
  2. マウス・キーボード

わたしの場合は、「ネットワークアダプター」からのスリープ解除を「デバイスマネージャー」から停止することで正常にスリープできるようになりました。

1. ネットワークアダプターからのスリープ解除を停止する

windows11 スタートボタンを右クリックしてデバイスマネージャーを開く

「スタートボタン」を右クリックし、「デバイスマネージャー」を開きます。

デバイスマネージャーからネットワークアダプターを選択

「ネットワークアダプター」から該当するデバイスを右クリックし、プロパティを開きます。

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする

「電源の管理」タブを選択し、「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」にチェックを入れたら「OK」ボタンをクリックします。

これでスリープから復帰しないか様子を見てください。

2. マウス・キーボードからのスリープ解除を停止する

「ネットワークアダプター」でうまくいかなかった場合は、同じように「マウス・キーボード」からスリープ解除ができないように設定します。

ディバスマネージャーからマウスとキーボードを選択する

「デバイスマネージャー」にある「マウス・キーボード」から該当するデバイスを右クリックし、プロパティを開きます。

このデバイスで、今ニューターのスタンバイ状態を解除できるようにする

「電源の管理」タブにある「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外し、「OK」ボタンを押します。

とりあえず、マウスとキーボードを片方ずつ試して、正常にスリープできるか探ってみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました