長尾製作所 ファン付きヒートシンクのレビュー。M.2 SSDを風で冷やす!

長尾製作所のファン付きヒートシンクをレビュー

M.2 SSDは、とにかく熱くなるということなので『ファン付きのヒートシンク』を購入しました。

結論から言うと、ファンは調整すればとても静か、温度は常に30℃前半を保っています。

ヒートシンクの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ファン付きヒートシンク

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS03

長尾製作所の『SS-M2S-HS03』を購入。

自社一貫生産「Made in Japan」というところに興味をそそられました。

放熱シリコンパッド

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクの放熱シリコンパッド

ヒートシンクの裏側に熱を伝えるための「シリコンパッド」が貼ってあります。

厚み:0.5mm、熱伝導率:5.2W/m・k、日本製です。

付属の小型ファン

XFAN EDM2510S M.2用小型ファン

付属のファンは『XFAN RDM2510S』というもの。

3ピン端子ですが、BIOSのファン設定により、回転数を調整することができます。

スペック
  • サイズ:25×25×10mm
  • 回転数:10,000rpm ±15%
  • 風量:2.21CFM
  • ノイズ:22dBA
  • 寿命:30,000時間
  • コネクタ:3pin
  • ケーブル長:300mm
  • 定格:12V 0.08A

ファンをもう1つ増設できる

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクの付属品

ファンを固定するネジとスペーサーが2セット付属しているので、ファンを追加購入すれば、2つ取り付けることができます。

増設用のファンは、Amazonに単品で売っています↓

ファンの固定位置

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク 小型ファンの取り付け位置

ファンの固定位置は、3箇所から好きな場所を選べます。

発熱するコントローラーのある位置か、ファンが1つなら中央が良いでしょう。

ケーブルの断線に注意

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク 小型ファンの断線に注意

画像の位置でファンを固定しようとしたら、ケーブルをヒートシンクに挟んで断線しそうになりました(汗)

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク 小型ファンの配線

ファン本体にケーブルを収めるための切り込みがあるので、そこにケーブルをよく押し込んでから取り付ける必要があります。

ヒートシンクを固定する

固定用の「絶縁テープ」を使って、ヒートシンクを固定します。

透明なフィルムを剥がす

長尾製作所のファン付きヒートシンクの透明フィルム

シリコンパッドに「透明なフィルム」が貼ってあるので、忘れずに剥がしてから装着してください。

絶縁テープで固定する

M.2 SSDとの固定には『ポリイミドテープ』という“絶縁テープ”を使用します。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクにポリイミドテープを貼り付ける

粘着力は十分。シールの上から貼っても、ノリ残りが少ないので、あとからきれいに剥がすことができます。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクに絶縁テープを貼る

しかし、テープの幅が15mmあるので、サイドが余ってしまいます。

10mmのテープで貼り直した

トラスコのポリイミドテープ

はみ出たテープが気になったのと、より強力に固定したかったので、わたしは「10mmのポリイミドテープ」を買って貼り直しました。

長尾製作所のヒートシンクを1cmのポリイミドテープで固定

今度は3箇所に貼って、ガッチリ固定。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS03

10mmのテープなら、はみ出さず、きれいに貼ることができます。

マザーボードに装着する

長尾製作所のヒートシンクをネジで固定する

M.2スロットに装着したら、ネジ止めします。

長尾製作所のファン付きヒートシンクをマザーボードのセット

あとは、ファンの「3ピン端子」を接続したら完了です。

小型ファンのノイズ

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS03

MAXの10,000rpmだと、さすがに「ビィィーー」という回転音がしてうるさいです。

BIOSのファンコントロール設定

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク 小型ファンの回転数

わたしはBIOSのファン設定で、回転数を50%まで落とし、「5,000rpm」に設定しました。これでノイズが一切聞こえなくなります。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクのファンコントロール

大体6,000rpm辺りから静かになりますが、かすかに「キーン」という高音が響いているのが気になりました。

個体差もあると思いますが、その高音は5,500prm辺りから消えたので、手動調整にして「5,000~6,000rpm」の間で調整してみるのが良いと思います。

M.2 SSDの温度

CFDのM.2 SSD PG3VNFシリーズ 500GB

M.2 SSDは『CFD PG3VNF 500GB』を使用しています。接続は「PCIe 4.0×4」です。

アイドル時の温度

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクの温度

室温25℃のとき、アイドル時の温度は33℃でした。

負荷をかけても40℃台なので十分に冷却されています。

その他SSDとの比較

M.2と普通のSSDの温度比較

  • ファン付きヒートシンク:33℃
  • マザボのヒートシンク:35℃
  • 2.5インチSSD:30℃

やはり「2.5インチSSD」は発熱が少ないようですね。

マザーボード付属のヒートシンクには『WD Blue SN550 1TB』を装着しています。

同じ条件ではないですが、風を当てたほうが冷えるのは確実です。

PCIボードとの干渉

M.2 SSDヒートシンクとPCIボードの干渉

「PCI-E×1スロット」の横に「M.2スロット」がある場合、PCIボードが挿せるのか気になります。

PCIボードを挿してみた

アースソフトのPT3を挿してみたところ、ファンに接触するギリギリでした↓

アースソフトPT3と長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS03

ヒートシンクだけなら問題ありませんが、高さのあるファンを取り付けてしまうと、設置場所に制約を受けてしまうかもしれません。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク PCIボードとの接触について

ファンとの隙間は1mmほど。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンクの取り付け方

できるだけファンと干渉しないように「シリコンパッド」を黒いチップのギリギリのところに貼り付けました。

長尾製作所 ファン付M.2SSD用ヒートシンク 取付可能なPCIボードの長さ

このボードの全長は「121mm」なので、この範囲内におさまっていれば、なんとか取り付けることができるはずです。

まとめ

  • 日本製のヒートシンク
  • 日本製のシリコンパッド
  • 固定に絶縁テープを使う
  • 風を当てるとよく冷える
  • 5000~6000rpmなら静か
  • PCIボードの設置に制約あり

いまのところ「ファン付きのヒートシンク」なら「長尾製作所」一択ではないでしょうか。

BIOSのファン設定を行えば、とても静かになりますし、温度も30℃前半を維持できるのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました