【Windows11】インストールしたフォントが再起動すると表示されないときの対処法

Windows11 インストールしたフォントが再起動すると表示されないときの対処法

「追加でインストールしたフォントが、特定のアプリケーションで表示されない」

「再インストールしても再起動すると消えてしまう」という場合は、インストール方法に問題があるかもしれません。

スポンサーリンク

インストール方法に問題がある

まずは、フォントの「インストール方法」を確認してみましょう。

フォントを右クリックしてインストールする

通常は、「フォントファイル」を右クリックし、インストールをクリックします。

フォントビューアーからフォントをインストールする

または、「フォントファイル」をダブルクリックし、「フォントビューアー」からインストールする人も多いと思います。

フォントのインストールフォルダがユーザー単位

しかし、これらのインストール方法では「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Fonts」にフォントがインストールされるため、特定のアプリケーション上でフォントが表示されないことがあります。

フォントのインストール場所がシステムフォルダ

これを解決するには、「すべてのユーザーに対してインストール」をする必要があり、インストール先が「C:\Windows\Fonts」になっていないといけません。

インストール先を確認する

まず、「表示されないフォント」のインストール先を確認してみましょう。

フォントフォルダを開く方法

「PC 」> 「ローカルディスク (C:)」>「Windows」の順にクリック。

WindowsフォルダにあるFontsフォルダを開く

「Fonts」をクリック。

フォントフォルダ

これで「フォントフォルダ」が開きます。

フォントのプロパティを開く

調べたい「フォントファイル」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。

フォントのインストール場所を確認する

もしフォントが「ユーザーフォルダ」にインストールされていたら、一旦そのフォントをアンインストールし、「C:¥Windows¥Fonts」の「システムフォルダ」にインストールし直します。

フォントをアンインストールする

未gクリックメニューからフォントを削除する

フォントフォルダから削除する「フォントファイル」を右クリックし、「削除」をクリック。

このフォントを完全に削除しますか

確認ダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。

すべてのユーザーに対してインストールする

続けて、先ほどアンインストールしたフォントを再インストールします。

フォントをすべてのユーザーに対してインストールする

用意した「フォントファイル」を右クリックし、「その他のオプションを表示」をクリック。

フォントファイルを右クリックして「すべてのユーザーに対してインストールする」をクリックする

「すべてのユーザーに対してインストール」をクリックします。

Windowsフォルダにフォントがインストールされる

これでインストール先が「システムフォルダ」になりました。

Windowsを再起動し、問題のアプリケーションでフォントが表示されるようになったか確認してください。

まとめ

フォントを追加したとき、インストール先が原因で、アプリケーション上のフォントが表示されないことがあります。

トラブルを回避するためにも、フォントを追加するときは「すべてのユーザーに対してインストール」でインストールすることを覚えてしましょう。

タイトルとURLをコピーしました