エックスサーバーにWordPressをインストールして、常時SSL化するまでの手順【バリュードメイン編】

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法。バリュードメイン編

この記事では、はじめに「バリュードメインで取得したドメイン」の「ネームサーバーを変更」します。

次にエックスサーバーにそのドメインを追加して「WordPressをインストール」。最後に「常時SSL化」するまでの手順をわかりやすく画像付きで説明してます。

SNS・ブログ本の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ネームサーバーを変更する

まずは、バリュードメインにログインして「コントロールパネル」を開きます。

バリュードメインのドメイン操作設定

左側のメニューから「ドメイン」→「ドメインの設定操作」をクリックします。

バリュードメイン ドメイン操作設定のネームサーバーをクリック

設定したいドメインにある「ネームサーバー」のアイコンをクリックします。

すると、「ネームサーバーの変更」画面が開きます。

バリュードメイン ネームサーバー変更の初期設定

デフォルトでは「バリュードメイン」のネームサーバーが入力されています。

ネームサーバー 1ns11.value-domain.com
ネームサーバー 2ns12.value-domain.com
ネームサーバー 3ns13.value-domain.com

こちらを「エックスサーバー」のネームサーバーに変更します。

バリュードメインのネームサーバーをエックスサーバーに対応させる

ネームサーバー1~5を以下のように入力します。

ネームサーバー 1ns1.xserver.jp
ネームサーバー 2ns2.xserver.jp
ネームサーバー 3ns3.xserver.jp
ネームサーバー 4ns4.xserver.jp
ネームサーバー 5ns5.xserver.jp

入力できら「保存する」をクリックします。

これでネームサーバーの変更は完了です。

エックスサーバーにドメインを追加する

次にネームサーバーを変更したドメインを、エックスサーバーに追加します。

エックスサーバーにログイン

まずは、エックスサーバーのログインページにアクセスして「ログイン」します。

エックスサーバーのサーバー管理をクリック

ログインすると、トップページが開くので「サーバー管理」をクリックします。

すると、「サーバーパネル」が開きます。

エックスサーバーのドメイン設定をクリック

右上にある「ドメイン」から「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーにドメインを追加する

ドメイン名の入力に https:// は不要です。

例)「https//:example.com」→「example.com」と入力すればOK。

「無料独自SLLを利用する」と「高速化」にチェックを入れます。

問題がなければ「確認画面へ進む」をクリックします。

高速化の「Xアクセラレーター」は、サーバーパネルにある「高速化」メニューからいつでもON・OFFすることができます。

エックスサーバーに追加したドメインを確認する

ドメインの追加が完了すると「設定内容」が表示されます。

サーバーに設定が反映されるまで約1時間ほどかかります。

エックスサーバーに追加したドメインの反映待ち

となりの「ドメイン設定一覧」タブをクリックすると「反映待ち」のアイコンが表示されています。

1時間後に様子をみにきて、無事に反映されたら「WordPressのインストール」作業にうつります。

WordPressをインストールする

再びエックスサーバーの「サーバーパネル(トップ画面)」に戻ります。

エックスサーバーのWordPress簡単インストレールをクリック

「WordPress」の項目から「WordPress簡単インストール」をクリックします。

エックスサーバーでWordPressをインストールするドメインを選択する

先ほど追加したドメインの「選択する」をクリックします。

次の画面でインストールに必要な項目を入力していきます。

エックスサーバー、WordPress簡単インストールの入力事項

  1. 「WordPressインストール」をクリック
  2. サイトURLが正しいか確認する
  3. ブログ名を入力する
  4. ユーザー名とパス(自動入力)
  5. メールアドレスを入力する
  6. キャッシュ自動削除は「ON」
  7. 自動でデータベースを生成する
  8. 確認画面へ進む

エックスサーバー、WordPress簡単インストールのインストールボタンを押す

内容に問題がなければ「インストールする」をクリックします。

エックスサーバー、WordPress簡単インストールの設定を印刷する

インストール完了の画面が表示されたら、「目玉のアイコン」をクリックしてパスワードを表示させます。

あとは、その画面を印刷するかメモをとって保存しておきます。

これでWordPressのインストールは完了です。

常時SSL化する

次に「常時SSL化」するための手順を紹介します。

常時SSL化とは

常時SSL化とは

サイトのURLには以下の4パターンがあります。

  1. https://example.com
  2. http://example.com
  3. http://www.example.com
  4. https://www.example.com

しかし、本来表示したいURLは

  1. https://example.com

だけなので、2~4のどれでアクセスしても https://example.com にたどり着くようにリダイレクト(転送)してあげようというわけです。

WordPress側の設定

まずはWordPressの管理画面にログインします。

例)http://example.com/wp-admin/

WordPressの管理画面URL

「管理画面URL」は、WordPressのインストール完了時に表示された画面に記載されています。

WordPressの設定から一般を選ぶ

ダッシュボード左側のメニューから「設定」→「一般」をクリックします。

「一般設定」という画面が開いたら

WordPressの設定、一般でhttpをhttpsに変更する

「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」にある自分のURLの http を https に書き換えて「変更を保存」をクリックします。

WordPress側の設定はこれで完了です。

.htaccessを編集する

次に「.htaccess」を編集します。

エックスサーバーにログインして「サーバーパネル」を開きます。

エックスサーバーの.htaccessを編集する

「ホームページ」の項目から「.htaccess編集」をクリックします。

.htaccessの編集、常時SSL化

「.htaccess編集」タブをクリックします。

すると、デフォルトで以下のコードが記述されているかと思います。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

「 # BEGIN WordPress 」を見つけたらその上に、下のコードを入力します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on RewriteCond %{HTTPS} off RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

このコードを追加したら「確認画面へ進む」をクリックします。

ちなみに、下のコードが表示されている方もいるかと思われます。

SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_StaticMode

これはエックスサーバーのサーバーパネル「高速化設定」にある「Xアクセラレーター Ver.2」をONにすることで記述されるコードになります。

.htaccessの編集、常時SSL化のコードを入力して実行する

問題がなければ「実行する」をクリックします。

以上で「.htaccess」の編集は完了です。

リダイレクトの確認をする

次にちゃんとリダイレクト(転送)しているかの確認をします。

以下のURLを「ブラウザのアドレスバー」に入力してアクセスします。

  • http://自分のURL
  • http://www.自分のURL
  • https://www.自分のURL

3つとも順番にアクセスしてください。

常時SSL化できているか確認する

これらにアクセスして

https://自分のURL

3つすべてが「https://~」に切り替わったらリダイレクトは成功です。

おつかれさまでした。

タイトルとURLをコピーしました