「ads.txtってなんだ?」設置する2つの方法とエラー対策【エックスサーバー編】

ads.txtとは?設置する2つの方法を紹介

「ads.txt」を設置する2つの方法を紹介します。

1つ目は「FTPソフトによるアップロード」。

2つ目は「エックスサーバーのサーバーパネルから追加する」方法です。

スポンサーリンク

そもそも「ads.txt」ってなんだ?

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

Google AdSense ヘルプより引用

わたしも詳しくはわかりませんが、悪意のある第三者から「広告詐欺」に合わないように「防衛する」ことが目的らしいです。

  • なりすましによる広告詐欺を防ぐ
  • 収益の減少を防ぐ(不正サイトに流れてしまう)
  • サイトの評価が下がることを防ぐ

つまり、「ads.txt」を設置することで「運営しているサイトのなりすましを防げる」ということだけは覚えておいてください。

警告メッセージが表示された!

Google AdSenseにログインすると、以下のような「警告」が表示されていたかと思います。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

まずは右側にある「今すぐ修正」をクリックしてください。

「ads.txt」をダウンロードする

すると「1つのサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する」という画面が開きます。

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

下にある「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたads.txt

これでパソコンに「ads.txt」が保存されました。

「ads.txt」の中身

メモ帳で開いてみます。

ads.txtの説明

「ads.txt」は画像のような4つのコードで構成されています。

一旦閉じたら、以下で「ads.txt」をサーバーにアップロードする手順を紹介していきます。

FTPソフトで設置する方法

FileZillaのクライアントをダウンロードする

「FileZilla」というFTPソフトを使って「ads.txt」をアップロードします。

使い方については『FileZillaの使い方』という記事で詳しく紹介しています。

「public_html」に追加する

エックスサーバーの場合は「public_html 」内に「ads.txt」を追加します。

FileZillaでads.txtをアップロードする

「サイトのドメイン」→「public_html」を開いたら、そのフォルダ内に「ads.txt」をドラッグ&ドロップするだけでOK。

これがもっとも簡単な方法かと思います。サイト運営をするなら「FileZilla」の使い方を覚えておいて損はありません。

「FileZilla」使い方はこちら

エックスサーバーで設置する方法

エックスサーバーを使っているのなら、サーバーパネルから簡単に「ads.txt」を設置することができます。

サーバーパネルを開く

まずはエックスサーバーにログインして「サーバーパネル」を開きます。

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを追加する

「ホームページ」という項目にある「ads.txt設定」をクリックします。

ドメインを選択する

ads.txtを追加するドメインを選ぶ

設定するドメインをクリックします。

「ads.txt」を追加する

「ads.txt設定」という画面が開くので、真ん中にある「ads.txt設定追加」のタブをクリックします。

エックスサーバーでads.txtを追加する方法

①~④に「ads.txt」を開いたときに書いてあった「ご自身のコード」を入力します。

ads.txtの説明

こちらを参考に入力してください。

①広告システム「google.com」を入力
②サイト運営者ID「pub-16桁の数字コード」を入力
(例:pub-1234567890123456)
③契約種別「ads.txt」記載の方を選択
④認識機関ID「f08c47fec0942fa0」を入力

入力内容を確認する

エックスサーバー、確認してads.txtを追加するボタンを押す

誤りがなければ「追加する」をクリックします。

エックスサーバー、ads.txtの追加を確認する

左側にある「ads.txt設定一覧」のタブをクリックして、追加された内容を確認したら完了です。

「ads.txt」の動作をチェックする

Ads.txt チェッカーにアクセスします。

ads.txtの動作をチェックできるサイト

サイトのURL(例.https://example.com/)を入力したら「チェック」を押します。

正しく動作している場合

正常にads.txtが動作している場合

「ads.txt」が正しく動作していればエラーメッセージはなく、上の画像のように表示されます。

「 “ISO-8859-1”は~ 」と表示された場合

黄色で以下のようなメッセージが表示された場合は、「ads.txt」が正しく動作していません。

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

このメッセージが出たときは「.htaccess」に「コードを追加する」ことで解決することができます。(コードは下で紹介しています)

「ads.txt」をちゃんと「UTF-8」で保存してもこのエラーは起こります。なぜなら、サーバーにアップロードしたときに文字コードが変わってしまうことに原因があるからです。

「.htaccess」を編集する

エックスサーバーのサーバーパネルから「.htaccess編集」を開きます。

ads.txtのエラー、.hataccess

「# BEGIN WordPress」の上に以下のコードを追加します。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

これは拡張子「.txt」の文字コードをサーバー側で「UTF-8」にするコードです。

「.htaccess」を更新したら、再びAds.txt チェッカーにアクセスして動作を確認してください。

警告が消えるまでの時間

ads.txtの警告文

正しく「ads.txt」を設置しても、警告はすぐに消えません

AdSenseのクローラーが訪問して「ads.txt」の内容を認識したあとに警告は表示されなくなります。

通常、警告バナーが消えるまで「48時間程度」かかります。

わたしの場合は「2日目」に消えました。警告が消えるまで気長に待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました