コロナ石油給湯器 エラー4の直し方

コロナ 石油給湯器のエラー4 直し方

コロナ石油給湯器のリモコンに「エラー4」と出てしまった。

「運転→停止→エラー4」の繰り返しでまったく安定しない。

結論から言うと、「エアー抜き」と「リセットボタン」で正常に運転できるようになったので、今回はその手順を説明していきます。

スポンサーリンク

エラー4の原因

コロナのQ&Aによると、エラー4は「着火不良・途中消火のエラー」だそうです。

具体的には以下のことが考えられます。

灯油切れを起こした

エラー4で最も多い原因が「灯油切れ」。

これはタンクに灯油を給油して、「リセットボタン」を押すことで解決できます。(←リセットボタンの場所は下で説明しています。)

水やサビの混入

雨水や結露により、タンク内の灯油に水が混入して「不完全燃焼」になった可能性が考えられます。

とくに、寒い時期に起こりやすいのは、タンクに混入した水が凍結して、ボイラーが燃焼しなくなるトラブルです。

タンクの「水抜きバルブ」を緩めて不純物がないか確認してみましょう。水と油ですから、容器に受けてみると、水のあるなしはハッキリわかるはずです。

よく分からない場合は修理を頼んだ方が安全です。

その他の原因

原因が不明な場合は、とりあえず「リセットボタン」を押して様子をみてください。または、コンセントを抜いて電源を落とすことも試してみてください。

まとめると、以下の4点があやしい。

  1. 灯油切れでないか確認
  2. リセットボタンを押してみる
  3. エア抜きをする
  4. タンクの水抜きをする

まずは、これらを試してみてください。それでもダメなら修理を依頼するしかないと思います。

以下では、「エアー抜きの手順」と「リセットボタンの場所」を紹介しています。

カバーの外し方

コロナ 石油給湯器 RMK-NXA

まずは石油給湯器のカバーを取り外します。

ちなみに、私の給湯器は「コロナ NXシリーズ 」です。

コロナ 石油給湯器のカバーをドライバーで外す

上にある2箇所のネジを「プラスドライバー」を使って外します。

コロナ 石油給湯器のカバーを開ける

ネジを外すと簡単にカバーが開きます。

外したカバーは横に立て掛けておきましょう。

「エアー抜き」を行う場所

コロナ 石油給湯器 エアー抜きをする場所

エアー抜きする場所は、画像の矢印のところ。

コロナ 石油給湯器 灯油管内のエアーを抜き

拡大したものがこちら。

「エアー抜き」のやり方

コロナ 石油給湯器 ドライバーでエアー抜きをする

上にある「エア抜きネジ」を「マイナスドライバー」で緩めてエアー抜きします。

このネジを緩めると灯油があふれて垂れてくるので、下に「受け皿」や「ぞうきん」などを置いてください。画像では100均の「ステンレストレー」を置いています。

ネジはゆっくり回して、ネジ穴からネジを抜かないように注意してください。

途中で灯油があふれてきたら、緩めるのをやめてそのまま待ちます

「エアー抜き」を確認する

わき出てきた灯油に空気が混じっていれば、灯油がポコポコと泡を立てて出てきます。

完全に空気が抜けるまで灯油を出し続けて、灯油がスムーズに流れてくるようになったらOKです。

コロナ 石油給湯器 エアー抜きで溢れた灯油を布で拭く

あとはネジを締め、残った灯油は布できれいに拭き取ります。

これでエアー抜きは完了。

次に「リセットボタンを押して再起動」します。

「リセットボタン」を押す

コロナ 石油給湯器 リセットボタンの場所

コロナの石油給湯器は「リセットボタン」を押さないとエラーがいつまでも残ってしまいます

リセットボタンを押すには「紙が貼ってある場所」をめくります。

コロナ 石油給湯器の基盤

紙をめくると基盤が現れます。

「小さな白いボタン」でリセットと書いてあるところを探します。

コロナ 石油給湯器 リセットボタンの場所

この「白いボタン」を一度だけ押します。

すると、給湯器が再起動して動作を開始します。

リモコンパネルで「運転」してみる

コロナ 石油給湯器 エアー抜きをしたら運転してみる

再起動して落ち着いたら、リモコンパネルの「運転」を押して動作を確認します。

エアが抜けてもエラーが出る場合

エアが抜けても数回は「エラー4」になる事があります

たぶん、パイプ等にまだ少しだけ空気が残っているのかな?

お湯を出しながら、運転と停止を数回繰り返してみてください。

現にわたしはエア抜き後、4回「エラー4」がでましたが、運転と停止を繰り返したら、その後エラーは出なくなりました。

なので、1度で直らない場合は、何度かリセットボタンを押してみてください。

これでも治らない場合は「タンク側が怪しい」。「水抜き」を試してみるといいかも。水抜き方法は、youtubeとかにもあるので参考にしてみるといいです。

どうしても原因がわからないのであれば、業者やメーカーを呼んでください。

タイトルとURLをコピーしました