【開催中】Amazon 毎日お得なタイムセール
PR

普通郵便・定形外郵便の配達日数は?土曜日の配達廃止で要確認!

郵便ポスト

普通郵便と定形外郵便の配達日数を、表にまとめました。

郵便物を送る際は、以下の表を参考に、配達日数を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

普通郵便・定形外郵便の配達日数

※17時までに差し出した郵便物は、当日の取り扱いとなります。

近隣の地域へ送る場合

同じ都道府県内や近隣の県に送る場合の目安です。

引受日 配達日 所要日数
2日
2日
2日
4日
3日
3日
2日

2021年10月から、普通郵便の土曜日配達が廃止され、さらに配達日数が1日遅くなりました。

この変更により、普通郵便の配達日数は、最短でも翌々日になります。

遠方の地域へ送る場合

例えば、東京から大阪などの遠方へ送る場合の目安です。

引受日 配達日 所要日数
3日
3日
5日
4日
4日
3日
3日

土曜日や日曜日を挟むと、投函から到着まで4~5日を要することもあります。

遠方の地域へ送る場合は、特にご注意ください。

速達を使えば翌日に届く

引受日 配達日
火(翌日)
水(翌日)
木(翌日)
金(翌日)
土(翌日)
日(翌日)
月(翌日)

速達郵便は、離島を除くほとんどの地域で翌日に届けられ、土日祝日も配達されます。

例えば、東京から北海道や沖縄に送っても、翌日の午後か夜間に届きます。

速達を利用するときの追加料金は下記のとおりです。

速達の料金
  • 250gまで +260円
  • 1kgまで +350円
  • 4kgまで +600円

お届け日数を調べる

正確な配達日数を知りたい場合は、郵便局の検索サービスを使って調べてみましょう。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ よかったらシェアしてね! /
パシャログ