BenQ ScreenBar Haloの良い点・悪い点をつつみ隠さずレビュー。自動調光に難あり!?

BenQ ScreenBar Haloの良い点・悪い点を正直レビュー

デスク周りを明るく照らし、目の疲れを軽減してくれるという話題のモニターライト『BenQ ScreenBar Halo』を購入したのでレビューしていきます。

USBライトの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

BenQ ScreenBar Haloを購入

BenQ ScreenBar Haloの付属品

わたしは「目の疲れ対策」と「集中力強化」のために買いましたが、結論から言って、それほどありがたがるものでもなかったです。

これって要は「デスクライト」がコンパクトになっただけの商品なので、暗い部屋で使うことがあるなら需要はありますが、明るい部屋で補助的に使う場合は、あまり意味がないと感じました。

自動調光がうまく動作しない

『BenQ ScreenBar Halo』といえば、「自動調光機能」を備えていますが、この機能はデスク周りの環境に左右されるため、正常に動作しないことがあります。

ライトセンサーが下側に付いている

BenQ ScreenBar Halo ライトセンサーの位置

Haloの「ライトセンサー」は、バー中央に下向きで設置されています。

天井からの光に反応しない

BenQ ScreenBar Halo 自動調光の仕組み

試しに上から「LEDライト」を当ててみましたが、センサーがカバーで覆われているため、自動調光が機能しません。

ライトを水平に当ててもダメで、下から覗き込むように光を当てることで、ようやく反応しました。

反射光で調光している

いろいろ試してみたところ、どうやらこのセンサーはデスクからの反射光を読み取っているようです。

BenQ ScreenBar Haloは反射光を利用して調光している

白い天板のデスクは、光をよく反射するので「自動調光」は、正常に機能します。

しかし、黒いデスクは反射率が低いため、十分な反射光を得られず、せっかくの「自動調光」が使い物になりません。ブラウン系のデスクも要注意です。

部屋をどんなに明るくしても、センサーに反射光が届かなければ周囲が暗いと認識され、Haloのライトの明るさが常に最大で出力されることになります。

障害物があってもダメ

BenQ ScreenBar Haloの下にキーボードを置く

また、下にキーボードを置いても反射率が悪くなるのか、センサーの反応が鈍くなります。

つまり、部屋の照明をいくら強くしても、デスクが黒っぽかったり、障害物があると正常に調光できなくなるということです。

ライトセンサーの位置は下側でなく、天井側に向けるべきだったのではないでしょうか。これは仕様かもしれませんが、「欠陥」とも言えると思います。一体なぜこんなところにセンサーを付けたのだろうか?

キーボードがテカテカになる

これは『ScreenBar Halo』だけの問題ではなく、モニターライト全体で言えることなんですが、キーボードが白くテカテカに反射します。

モニターライトの光でキーボードが白く反射する

こちらの反射なんですが、モニターライトを使っている人は気にならないんでしょうか?わたしはものすごく気になります。

キーボードにうつる自分の影を消したかったのに、白く反射して余計に手元が見づらくなっては本末転倒です。

ライトで白く反射してないキーボード

ライトなしのほうが、よっぽど見やすいですよ。

「ブラインドタッチをすればいい」という問題でもなく、当然下に目を向けることもあるので気になります。

タッチパネルの誤タッチ

BenQ ScreenBar Halo タッチパネル式コントローラー

気になっていた電源のON/OFFは思っていたよりもスムーズ。手をかざすより、指で直接センサーに触れるのがおすすめです。

しかし、電源を入れるまで2ステップあるのが面倒ですし、タッチパネルであるがゆえ、どうしても「誤タッチ」が起こり、ストレスが溜まるときがあります。それから5秒でスリープするのが致命的なまでに不便です。

最小でも明るすぎる

BenQ ScreenBar HaloのLED球

ライトが明るすぎて一番最小にしても「もう少し絞れないかな?」と思ってしまいます。また、LED特有の鋭い明るさも若干気になります。

目の疲れ防止に買ったのですが、ライトを付けると目の奥がジンジンして痛くなってきます…。

xiaomi mijia モニターライトのすりガラス

これはXiaomiのモニターライトなんですが、LEDとの間に「すりガラス」が挟んであって、光を柔らかくする工夫がされています。

明るさもHaloより3段階ほど暗くできるので使いやすかったです。

関連記事:コスパ最強!Xiaomiのモニターライトをレビュー

バーの存在感

BenQ ScreenBar Halo ボディの色がグレー

ボディが「グレー」なので、はじめはバーの存在が気になりました。

丸一日使えば気にならなくなる程度ですが、やっぱり「ブラック」がよかったです。

USBケーブルが短い

BenQ ScreenBar Halo USBケーブルの長さ

「USBケーブル」の長さは1.5m。パソコン本体を机の下に置いているとギリギリです。

値段が高すぎる

BenQ ScreenBar Halo本体とコントローラー

Xiaomiの5,000円台のモニターライトを持っているので比較しますが、正直これで18,900円は高すぎます。

上で挙げたデメリットがなければ、買って良かったと思えましたが、わたしの環境では自動調光がうまく動作しなかったのが痛い。あとはキーボードの白い反射が気になるし、最小でも明るすぎます。

ScreenBar Haloの良い点

悪い点もあれば、もちろん良い点もあります。

ライトの照射角度が広い

BenQ ScreenBar Halo ライトの照射角度

ライトの照射範囲がとても広く、遠くまで光が届きます。

デスクの隅々まで均一に明るく照らしてくれるのは、素晴らしいの一言です。

フチから光が漏れない

BenQ ScreenBar Halo すき間から光が漏れない

バーのフチから光が漏れていると気になりますが、Haloはどの角度に調整しても光が漏れません。

ただ、バー中央のカバー内部が少し光って見えるのが残念かな。

コントローラーの操作性が良い

BenQ ScreenBar Haloのお気に入りボタン

外周にある調整リングがとても滑らかに回り、パネルに調整段階を示すLEDが点灯するため、微調整や再調整がしやすいです。

それからハートマークの「お気に入り機能」が便利。記録した設定を一発で呼び出せるから重宝しています。

朝から晩までモニターライトを使うなら、「明るさ」や「色調」の調整を頻繁に行うので、手元でコントロールできる無線タイプがおすすめです。

指紋が気にならない

BenQ ScreenBar Haloのコントローラー

これは意外かもしれませんが、「指紋」が気になりません。

コントローラーに傾斜がついていて、デスクに置くと、ちょうど指紋が目立たないようになっています。

スマートフォンの画面でも、指紋が見える位置と見えない位置があると思いますが、それと同じ原理です。

あると便利な間接照明

BenQ ScreenBar Haloの間接照明

「間接照明で雰囲気アップ!」とか紹介されていて、そんな機能いるか?と思っていましたが、実際に使ってみると意外と「あり」。たしかに映画を見るときとか集中できそうです。

BenQ ScreenBar Halo 間接照明の光

また、間接照明をつけていたほうが、モニターの光から受ける目の刺激が抑えられているような気がします。「無いよりはあったほうがよい」そんな機能です。

まとめ

良かった点
  • ライトの照射範囲が広い
  • バーのフチから光が漏れがない
  • 指紋が気にならない
  • 調整リングがスムーズ
  • お気に入りボタンが便利
  • 間接照明はあったほうがよい
  • 場所に縛られない無線コントローラー
良くなかった点
  • 自動調光が環境に左右される
  • キーボードが白く反射する
  • 最小でも明るすぎる
  • タッチパネルが不便
  • ボディはブラックがよかった
  • USBケーブルが短い
  • 値段が高すぎる

今回挙げたデメリットを許容できれば買ってもよいでしょう。ただ、モニターライト自体ネットで絶賛されているほどの商品ではなかったです。

手元が少し暗くて、目の疲れを軽減できるかと思い購入しましたが、部屋全体を明るく均一に照らしたほうがマシでした。

部屋が暗いときに使うならありですが、常に明るい部屋で使うなら、あまり必要性を感じません。

タイトルとURLをコピーしました