Xiaomiのモニターライトをレビュー!ワイヤレスリモコン付きコスパ最強モデル

Xiaomi モニターライトのレビュー

以前から気になっていた『Xiaomiのモニターライト』を買ったのでレビューします。

USBライトの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

5,000円で買えるモニターライト

ディスプレイ上に設置したXiaomiのモニターライト

モニターライトとは、モニターの上に設置してデスク周りを明るく照らすためのライトのことです。

Xiaomi モニターライトの無線コントローラー

Xiaomiのモニターライトには、「無線コントローラー」が付属していて、手元で電源のON-OFFや、明るさ・色温度を調整できる点が優れています。

Xiaomi モニターライトの箱

海外通販のAliexpressなら5,000円ほどで購入することができます。

Xiaomi モニターライト 箱の凹み

ただし、海外からの発送のため、外箱に凹み等ある場合があります。

日本でも輸入品を6,000~8,000円で購入することができるので、気になる方は日本のお店で購入しましょう↓

付属品

Xiaomi モニターライトの付属品

  • モニターライト本体
  • 無線コントローラー
  • 固定スタンド
  • USBケーブル
  • 単4電池2本
  • 説明書

Xiaomi モニターライトの無線コントローラーと電池

リモコンの電池もちゃんと付属しています。

重量感のあるスタンド

Xiaomi モニターライトの引っかけスタンド

「固定スタンド」の重量は344g。落とすと床が凹むくらい重いので、取り扱い注意。

USBケーブルの長さ

Xiaomi モニターライトのUSBケーブル

USBケーブルの長さは1.5m。パソコン本体を床に置いているとギリギリです。場合によっては「延長ケーブル」が必要になるかもしれません。

モニターにセッティングしてみた

さっそくモニターに設置して使ってみたので、その感想を紹介していきます。

マグネット式だから取り付け簡単

Xiaomi モニターライト スクリーンバーのマグネット

マグネット式なので、セッティングが非常に楽ちんでした。

バーの角度も25°程度調整すること可能です。

シンプルで邪魔にならない

モニターにXiaomi モニターライトをセットする

点灯するとデスク周りがパッと明るくなりました。

本体がブラックなので、さほど違和感を感じません。

BenQと比較しても遜色なし

BenQ ScreenBar Halo本体とコントローラー

わたしは『BenQ ScreenBar Halo』も持っていますが、デスク周りを明るく照らすという用途なら、安いXiaomiでも充分補えます。

関連記事:BenQ ScreenBar Haloの良い点・悪い点をつつみ隠さずレビュー

モニターバーの横幅

Xiaomi モニターライトの横幅

モニターバーの横幅は45cm、モニターのサイズは24インチです。

バーがモニターよりも短いですが、デスク周りを明るく照らすことが目的なので、短くても何ら問題はありません。

やわらかい光

Xiaomi モニターライトのすりガラス

LEDライトのところは、すりガラスのように白く曇っているので、光を柔らかくする効果があります。

無線コントローラーの使い方

モニターライトを朝から晩まで使う場合、「明るさや色温度」を頻繁に調整することになるので、手元で操作できる無線コントローラーはやはり便利です。

リモコンの使い方

Xiaomi モニターライト 無線コントローラーで光量を調整する

  • プッシュで電源ON-OFF
  • リングを回すと明るさが変化
  • 押し込みながら回すと色温度が変化
  • 長押しでプリセットモード

リングの動きはスムーズですが、回すと若干クリック感があります。

ボタンを長押しするとプリセットされた明るさと色温度に設定されます。しかし、プリセットの設定を変えることはできません。デフォルトだと暖色が強すぎるので、あまり使えない機能です。

電源のON-OFF

Xiaomi モニターライトの電源オンオフ

電源のON-OFFをするときは、真ん中ではなく、フチを押すとより軽い力で動作させることができます。

気になった点

個人的に気になったところもあるので紹介していきます。

USBケーブルの出っ張り

Xiaomi モニターライト USBケーブルの出っ張り

上から見たとき、USBケーブルの出っ張りが気になりました。座っていれば見えません。

フチの光漏れ

Xiaomi モニターライトの光漏れ

バーから「白い光」が見えるのが個人的に気になります。

BenQ ScreenBar Halo すき間から光が漏れない

『BenQ ScreenBar Halo』は、照射角度が優秀なのか光が見えない仕様でした。

微調整が難しい

BenQ ScreenBar Haloのお気に入りボタン

BenQのコントローラーは、文字盤が光るので調整しやすかったのですが、Xiaomiは何もないので、狙った明るさに調整するのが難しいです。

光を照らす範囲が狭い

Xiaomi モニターライトとBenQ ScreenBar Haloの比較

Xiaomiのモニターライトは、画像の点線辺りまでしか明るく照らせませんが、BenQならデスクの隅々まで光が行き届きます。

やはり細かい点ではBenQの方が優れているように感じます。しかし、上でも述べたようにデスク周りを明るく照らすだけならXiaomiでも全く問題はありません。

まとめ

  • 海外通販なら5,000円台で買える
  • 無線コントローラーが便利
  • マグネット式で取り回しが楽ちん
  • シンプルで違和感のないボディ
  • やわらかい光で見やすい
  • BenQにも引けをとらない性能

『BenQ ScreenBar Halo』の価格は18,900円です。もちろんXiaomiよりも優れた点はありますが、4倍の値段を出すほどの性能差は感じません。

わたしは2つのモニターライトを持っているので正直に言いますが、普通に使うだけならXiaomiのモニターライトで充分です。

タイトルとURLをコピーしました