CPUクーラーのヒートシンクとPCIボードが接触すれすれ!ショートを防ぐため対策してみた

DEEPCOOL AS500とPT3 ヒートシンクとの接触に注意

「CPUクーラーのヒートシンク」と「PCIボードの基板」が接触しそうだったので、『ポリイミドテープ』を貼り付けて、ショート対策を施しました。

CPUクーラーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

大型ヒートシンクの欠点

よく冷えると噂のCPUクーラー『DEEPCOOL AS500』を購入。

DEEPCOOL AS500のヒートシンク

「大型のヒートシンク」を採用しているのでよく冷えますが、設置したあとに、ある問題があることに気が付きました…

これ、一番上のPCIスロットにボードさせるのか?

「DEEPCOOL AS500」のレビューはこちら

基板と接触しそうになる

DEEPCOOL AS500とPT3 ヒートシンクとの接触に注意

一応干渉せずに取り付けることができましたが、ヒートシンクと基板が接触すれすれ。

ヒートシンクとグラボの接触

上から見たところ、2~3mmほどの隙間しかありません。

ショートしないか不安になる

ヒートシンクは金属なので、電気が通る回路に接触するとショートする可能性があります。

CPUクーラーのヒートシンクとボードの接触

現時点では接触していないので、動かさなければ問題ないでしょう。

しかし、PCケースをぶつけたりするなど、何かの拍子に接触しないとも限りません。

ネットで検索してみるとヒートシンクとグラボが接触してショートしたという記事が出てきて不安になります…

ポリイミドテープで保護する

そこで『ポリイミドテープ』という“絶縁テープ”を基板に貼って保護することにしました。

トラスコのポリイミドテープ

『ポリイミドテープ』とは、高熱に強く、絶縁性に優れている電子基板用のテープです。

剥がすときは糊残りが少なく、きれいに剥がせるという特徴もあります。

基板に貼って絶縁する

ヒートシンクと接触しそうな部分に『ポリイミドテープ』を貼り付けました↓

PCIボードをポリイミドテープで保護

これでもし接触してしまっても電気を遮断できるので安心です。

この基板は裏側にハンダがないので、接触しても大丈夫そうでしたが、こうして対策することで気分的にも楽になりました。

グラフィックボードに貼る場合は、もっと幅の広いテープを使ったほうが貼りやすいです。

タイトルとURLをコピーしました